スポンサーサイト

  • 2016.09.09 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    春が来た。

    • 2016.03.05 Saturday
    • 19:25
    玄関に生けていた桜が満開に





    庭の桜も開き始めました。

    梅はもうすぐお別れ







    去年植えた沈丁花も花咲きました。大好きな香り!

    なんとも春らしい天気に誘われてお山をお散歩・・・と呼ぶには少し険しいコースでした。

    でもそのおかげでリフレッシュできたかな♪









    おひるごはんも川辺で美味しくいただきました



    ちょっと留守にしていた間に世知原はすっかり春の空気。
    今年も山の春を満喫できたらいいなあ

    次回は留守の間の話を振り返ります♪

    雪再び。

    • 2016.02.16 Tuesday
    • 07:52
    おふとんでぬくぬくとしていて気づかなかったけれど・・・



    わわっ 積もってる〜



    どうぞお手柔らかに頼みますよ・・・

    もうすこし。

    • 2015.12.03 Thursday
    • 06:40

    今年もあとひと月。

     

    我が家には念願の薪ストーブがやってきました。

     

    かまど、囲炉裏ときて、とうとう薪ストーブ。

    健太郎君はすっかり火の虜です。



    町の消防団にも入り余念がないようです。

    火の用心、願います。

     

    今、もっぱら薪割を引き受けてくれているのは、

    ひとつき住み込みでお手伝いしてくれているたかひろくん。

    めちゃ助かってます。

     

     

    おとといは、薪ストーブの部屋で、

    たかひろ君はひたすら大豆の選別。

    私は柿の皮剥き。

    健太郎さんは参鶏湯の仕込み。

    皆黙々と作業していました。


     

    去年頂いた柿で作った干し柿は

    鳥たちのおやつとなっていつの間にか消えていました。

    最近なんだかゆるい寒さなので、ちゃんと干し柿になってくれるか心配ですが

    これからの天気に期待。


     

    ちょっとはまりつつあるのが、フィンランドの麦わらの装飾、ヒンメリ

    冬の飾りにいいなーと思って時間があれば作ってます。

    私が気になるものは、暮らしの役に立たないものばかり・・・

    でも、楽しい。

     

     

     

    年末は内で餅つきをする予定。

    楽しく過ごせるよう、ぼちぼち準備をしなければね。

     

    大豆収穫。

    • 2015.11.10 Tuesday
    • 04:55

    夏に植えた大豆が随分乾いてきたので、雨が降る前に収穫しました。



    大豆と一緒に植えていたオクラの花を挟んで、朝ごはん。
    そのまま畑でいただきました。







    畑でご飯、おいしかった!

    収穫した大豆は、さやだけにして屋根裏にてしばらく乾燥させます。
    乾く前には枝豆としてもずいぶん楽しませてもらいました。
    今度はお味噌になって楽しませてくださいな!





    おくんち。

    • 2015.10.30 Friday
    • 05:58

     
    昨日は、私たちの暮らす世知原で、おくんちが行われました。

    長崎は長崎くんちが有名ですが、
    世知原のおくんちはは小ぢんまりとしつつ、なかなか歴史のある祭りのようで、
    平日にもかかわらず、たくさんの人が祭りに参加されていました。
    今年はうちの地区が当番地区だそうで、近所の方々があれこれ役まわりをされていましたが、
    そんななか、うちの健太郎さんにも大役が。
     
    これ↓

     
    鼻駆(はなたかさん)=天狗様 です




    神社を巡る行列を自由にあるいて往来の方々を脅かしたり槍でつついたり


     
    そうされるとご利益があるようで、みんな喜んだりお礼を言ったりしていました。
     
    子供は



    十中八九泣き出します。



    たまにきょとんとするだけの胆の座った子もいますが、この世の終わりかというくらいの雄たけびを上げて号泣する子もいました。
    そんな子供たちを見てご家族や周りの方は笑っています。


     
    これもおくんちの風景なんでしょうね。



    子供と言えば、祭りの行列の終盤に登場する子供浮立の子供たちは演奏も立ち振る舞いも大人顔まで目を見張りました。笛や太鼓、大小のいくつかの鐘の音がちょっぴり物悲しいような音色で、秋風とともにきゅんと胸に染み入りました。







    世知原のおくんち、なかなか見ごたえありますので、ぜひ来年はお友達も誘おうと思います♪

    秋来ぬと、いぬと。

    • 2015.10.06 Tuesday
    • 06:44
     

    すっかり

     

    秋!ですね。

     

    ここ数日は毛布だけじゃ寒い!と掛布団を引っ張り出しました。

    木々も日に日に色づいて、ススキもほわほわになってきました〜

    道草も落ち着いた色の花が多くて、楚々として好みです

     

     

     

    先日の中秋の名月には、ささやかーにお月見をしました。

    我が家の周りは林などがあるので月が見えるのが遅く、

    お月見向きではないですが、それでも満を持してお出ましのお月様は

    うろこ雲を虹色に染めてそれはそれはうつくしい姿でした。

    皆さんのところからはどんな月が見えましたか?

     

     

     

    さて、今日はそんなお月見も一緒に過ごした我が家の犬たちのお話を

     

    ちょいと前になりますが、我が家の犬たちの誕生日でした。

    親子ですが、実は誕生日が一緒。

    母犬たみは7歳、たむがは3歳になりました!






     



    口をぽかんとあけた間抜け面は相変わらずですが

    少し雄らしい顔つきになったたむ。

    成長期とも重なったのか、山暮らしになってからめきめき体格がよくなりました。

    しっかり我が家の番犬です。





     

    たみ母さんはニューフェイスAjico(猫)の存在が気に食わなさそうですが、

    ちゃっかりお隣のお宅と仲良くなって、お隣さんの口笛の合図でおやつもらいに行ったり(!)夏は床下で過ごしたりと何気に謳歌している様子です。

     

    そしてお庭にもう一匹。

     

    3年前、たむと一緒にお腹の中を過ごしたけれど、死産となってしまったたむの兄弟のちびちゃんが、前のおうちのお庭のバラの木と一緒に眠っています。



     

    その魂はとっくにお空の向こうにいると思いますが、

    前のおうちから引っ越すときに連れてきたとき、そこには小さな小さな骨が残っていました。

    私はその子の姿は見ることは叶わなかったけれど、それでもお庭に佇むバラが、白い花を咲かせたり、ちょうちょが戯れる姿を見ると、とっても嬉しくなるのです。

     

    これからも、母子を見守っていてね。




    季節は廻って、もうすぐこのおうちを最初に見に来たころになります。

    庭の紅葉の紅葉が美しかった。

     

    秋は大好きな季節なので、できるだけゆっくり、ゆっくり、ここで過ごしていってほしいものです。

     

    土用干し。

    • 2015.08.07 Friday
    • 12:05
     




    少し遅れての土用干し。
     
    無事干からびさせず終わりましたー




    ここでもチマチマーズ。ちまちまそろえる。花火みたい。


     
    このカラカラでもべしょべしょでもない状態の
    しっとりマットな質感が好きなのです!


     
    今年は桶が2つになったので
    紫蘇を片方にしか入れずに紅白で。


     
    色の染まり方もまちまちですが(重石とかの関係かなー)
    その色の違いもきれい。


     
    今年は梅酢に戻さずに保存したいなと思ってます
    カビさせんようにしなきゃね・・・
     
     
     
     

    風鈴。

    • 2015.08.07 Friday
    • 06:50




    軒先に風鈴を下げました

    ほどなくして、もう一つ、プレゼントしていただきました、

     
     
    ちりり ちりりと
     
    磁器ガラス。それぞれいい音だねぇ。
    鋳物の風鈴も持ってたはずだけどな
     
    我が家の軒先で涼しげな音を鳴らしてくれています。
    それぞれたまにしかならないのでちょうどよいです。


    昨日はその下で素麺。
    夏満喫です。

    AJICO。

    • 2015.08.01 Saturday
    • 04:14


    我が家の新顔、AJICOさんです。
    味菜自然村からやってきたので、あじこ。
     
    自然村の豚さん以上に野放しで育っているので、半分野生と言ってもいいほどで、
    いただいたときは牙を剥いておりましたが、3日ほどで打ち解け、
    今はかまど付近を拠点に家の周りを好きに歩いております。
     
    流石のバランス感覚で
    家の中も外もなんだかんだあるので、遊びには事欠かないでしょう。


     
    犬との関係は、まあまあ。
    広いので、それぞれ好きにやっているようです。
    たみ…茶の間、床下
    たむ…納屋
    AJICO…かまど付近
     
    というのがいまんとこのそれぞれの拠点
     
    既に餌食にされたセミやトンボが転がっているのを目撃しましたが、
    できればムカデなんかをやっつけちゃってくれたらいいな、と思ってます。


     
    とうとう人間以外の数のほうが多くなりましたが、
    なんやかんや、楽しい我が家ですー。
     

    いとおしい。

    • 2015.07.09 Thursday
    • 06:03


     



    あのちいちゃくて乾いたまるいつぶが
    なんでこんなに瑞々しい緑色の手を広げるのか
    ほっとけばいつまでも豆のままなのにねー
     
    土をかぶせて 雨を受ければ
    こんな芽を出してくれるという
     
    それが不思議で いとおしいですね

     
    これから梅雨が明けて 日差しが厳しくなると思うけど
    頑張れ!
     
    私たちにできるのは 応援だけです
    あめつちの恵みが実を結びますように

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM