スポンサーサイト

  • 2016.09.09 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    大豆、アナグマ、流しそうめん。

    • 2015.07.01 Wednesday
    • 05:22
     
    日曜日は、
     
    ・畑に大豆を植
    ・お手伝いしてくれたみんなとお昼を食べ
    ・川で遊び
    ・流しそうめんをして
    ・寝ました
     
    盛りだくさんで楽しかったのですが、写真とかが、全く!残っていませんので
    少しずつかいつまんで書きます。
     
    ・畑に豆まき
    シュウさんと一宗さん、チカちゃんも来てくれて、我が家と道を挟んだ畑に「畑のようなもの」ができました。
    本来畔切りは冬のうち、体を温めながらするべきで、越したばかりだから仕方ないけど、こんな夏にやったら死んでしまうよとちかちゃんからのありがたいお言葉。私はほぼ機械でやっちゃうガッツリ農家の娘。健太郎さんは自然農、というよりは放置農と呼びたいワイルド家庭農園というコンビ。そこそこの規模をほぼ人力でやるのは初めてで、学ぶこともこれから多いです。大豆は4粒。お空の鳥と、土の虫への分け前と共に植えました。
     
     
    ・お手伝いしてくれたみんなとお昼を食べ
    皆で食べるのはおいしいし、楽しい。実家は一番多いときで7人家族でご飯食べてたので、あれとってこれ食べて言いながら食べるのは、やっぱりほっとします。昼は、ナスとズッキーニを中心としたスパイストマトスープ(アナグマ入り)をパスタからご飯にお好みで。あと揚げ浸し(生姜入れ忘れ)に健太郎さんのテリーヌが今まで食べた中で一番おいしかった。育て中の梅酵素ジュースも初出し。さわやかで美味。
     
     
    ・川で遊び
    うちの近くにも川がありますが、少し足を延ばして佐々川の源流近く。夏は泳げそう!蚊も多そう!水がきれいだからそうでもないのかな?
     
     
    ・流しそうめんをして
    夜はさらに遊びに来てくれた友達と皆で流しそうめん。
    近くでツリーハウスを作っている福島さん、すみちゃんたちもやってきてくれました友達の友達の外国人のギャル3人組もやってきてバンブーそうめん初体験していただきました。日暮れまで粘って畑仕事したので、とっぷりと日が暮れてからの流しそうめん。明るいうちにやりたかったなぁ。
    バーベキューの肉がイノシシとアナグマしかないという事態でしたが、みんなそれぞれ楽しんでくれていたらしいので安心しました。
     
    ・寝ました。
    お客様がみんな帰られる前に私は寝てしまってました!ごめんなさい!
     
     
     
    ふふふ。楽しかった。また流しそうめんやろう〜

    去りゆく春をいただきます。

    • 2015.05.01 Friday
    • 06:01
    普段の食事はほとんど健太郎さんが作ってくれます。
    旦那さんが料理人なのは本当にありがたいことです。

    久しぶりにゆっくりできる休日だったので健太郎さんが外で野良仕事をしている間に
    私が朝食兼昼食を作りました。(手際が悪いので兼昼食になったのでした…)


    家から出て30歩くらいでこれだけとれます。
     
    蕗はそろそろ終わり。三つ葉も大きいなー。今は蓬がわんさか出てきました。



    蓬と大きい三つ葉、畑からコロコロ出てきた野蒜、健太郎さんが散歩道で見つけてきたタラの芽。



    蕨と三つ葉のお吸い物。



    蕗は吸い物の出し殻と梅干しで炊いたらおいしかったです。


    畑の間引き菜も。若干雑草が混じってる気がしますが、ま、気にせず。



    ちょっと豪勢でしたね。

    名残惜しい春の味わいでした。筍もそろそろ今年は終了かな。
    健太郎さん、よう頑張りました!
     
    さて、畑の草が日に日に茂ってきました。
    東京から帰ってきたらどうなってることか…。

    いぬまに。

    • 2015.04.22 Wednesday
    • 12:48
     

    たまりにたまった洗濯物が、あか あお きいろ・・・

    伸び放題の筍・・・

    不在の間のあれこれを片付けております。



    昔どこかで食べて、どうしても作りたかった筍のキッシュ。




    新鮮すぎて柔らかくて、逆に歯ごたえがもう少しほしかった、かなぁ。
    次は根元あたりのを使って作ってみようと思います。




    数日の不在は沖縄にいたのでした。
    こちらの話はまた後ほど。

    にょきにょきなあれこれ。

    • 2015.04.14 Tuesday
    • 12:31
    庭木山の草木もどんどん新芽が出てきて賑わってきました!



    綺麗な花を楽しませてくれた梅の木も小さな実をいくつかつけてくれています


     
    オオイヌノフグリは空と同じ色。


     
    ハハコグサは花も茎も葉もぽわんとしていてかわいらしいです。
     
    既にそこにある花も十分美しいのですが、
    この日は買っておいた花木を健太郎さんと植えました
    私は「あそこに植えてー」とか言ってるばっかりでしたが。



    桜を畑の真ん中に。一応結婚記念樹。
     
    他にもモクレンや、ユーカリや、ハーブなどなど、
    花を楽しんだり、何かと使えそうなものを植えました。
    まだ全部植えきっていないのに、性懲りもなく選挙のついでに佐世保花市に立ち寄って
    さらに花木を物色。
     
    みんな元気に大きくなりますように。


    いろんな草花が目も味も楽しませてくれている中、
    目下我が家の話題は筍、たーけーのーこー です。
    家を少し下ったところにある竹林を2、3歩進むだけでこんなのに遭遇します。



    出始める前、まだまだ地中深くにあるころに
    イノシシが何度か
    掘り返して一足お先に味見しているのを見て
    全部イノシシが食べちゃうかも~なんて心配していたのは杞憂でした。
    寧ろイノシシ!もっと食べてもいいんだよ!
    ちょっとでも頭を出したものには興味はないようです。
    グルメです。


     
    鍬やスコップで掘るとこんな感じ
    たむは興味津々。

     
    これは今年最初のたけのこだったので丁寧に掘り出しましたが、
    もうどこもかしこもこんななので、一個一個に時間をかけていられません。
    わっせほいせがっすがっす掘っていきます。
     
    健太郎さんはそれこそ毎日掘ってますがそれでもいろんなとこから
    ちょいちょい顔だしてきます。いったいどれくらい出るのやら・・・
    ということで最近友達に会うたびに「たけのこ掘りに来ん?」と勧誘
    友達もちょこちょこ楽しみながら掘りに来てくれてます。
     
    先日はハナルナのきなこちゃんとたけのこ掘りを計画
    、伊万里の「青緑」でのきなこちゃんのヨガ教室に参加させていただいて
    すっきりしたところで家に帰って、開始。
     


    きなこちゃんはこれが
    初めてのたけのこ掘りでした。
     


    これがファーストきなこたけのこ。大きかったです!

    そうこうしてたら凄腕農家女子あーちゃんも親子で遊びに来てくれました。
     
    あーちゃんは餅つきでもなんでも、スタイルからして違う。年季入ってます。
    たけのこ掘りも言わずもがな。ほんと凄かったです。
    い!ぼんぼこれてゆきます。


     
    女性と幼児と乳児だけのたけのこ掘りとは思えない量のたけのこが採れました(笑)




    下ごしらえも手際いいです。
     
    姉さんたち2人は、私が剥き散らかした皮もすっかり片付けて
    あとは楽しくおしゃべりに花を咲かせておりました。







    あーちゃんの娘、よもぎは籠を背負って蕗を取りに。
    かわいいのう。
    った蕗はまるっと置いて帰ったけどね(笑)
    たぶんあーちゃん家の周りにもたくさんあると思われます。



    息子大松君も大きくなってました。
    この二人は両親そっくりでほんとたくましくてかわいいです。
     
    掘ったたけのこは帰りの時間までにゆがき終えなかったので、
    朝採りのゆでておいたのと生を持って行ってもらいました。
    きなちゃんあーちゃん、また遊びに来てね~
     
    ***




    ひとり残ってもう一度林に戻り何本か掘った後、
    一回目に入りきれなかった残りのたけのこをゆがきます。
    竹は火がついてすぐはかあっと火力は上がってくれますが、すぐ燃えてしまうので、
    かまどの前て待機。


     
    ちびりちびりお酒もいただきつつ。



    自然の造形、美しいです。



    もちろん味も格別。

    いつもは
    健太郎さんが頑張っているたけのこ掘り。今回は留守なので
    自分たちで。
    なかなか楽しかったです。
     
    いつまで出るのかなー。
    わずかな間楽しめる春の味、しっかりいただきます。
     
     
     

    春の嵐。

    • 2015.04.03 Friday
    • 10:29
     
     
    はるのあらしが さくらを さらう
    つめたいあめが ぼくらを わらう
     
    いろも にじんで さめてゆく
     
     
     
    ***
    昨日の嵐で我が家は至る所から風が吹き込み
    一晩中ガタピシ音がしておりました。
    ぜーんぜん、気にせず寝てしまいましたが…
     
    たけのこ掘りは嵐の過ぎるのを待ったほうがよさそうです。
    そわそわ。

    春のいただきます。

    • 2015.03.09 Monday
    • 18:00



    啓蟄を境に一気に春めいてきましたね!






    庭の梅の花は満開。 お隣のプラムの蕾が膨らんできました。さらにお隣には李があります。どうやら順に花が咲くようで、きっとそれを考えて植えてあるのでしょう。他に、もなんだかわからないけど蕾があったり、新芽が出たりと気になる木がいっぱい。どんな花が咲くのかな。咲かないのもなんだろな、と興味津々です。

    そして足元にもしっかりと春がやってきています。



    我が家の畑は30年以上休耕中のものを譲り受けました。冬の間はなりを潜めていたいろんな種類の草花が一斉に目を覚まし始めています。大好きなオオイヌノフグリ(名前はあれですが…)の可愛い花も先週はなかったのに今は一面に。




    もちろん山菜や野草もあって、現在はのびる祭りの真っ最中。のびるのほかにも、土筆、セリなんかもにょこにょこわらわら出てきました。蕗は残念ながらうちの近くにはなかったのだけれど、近所の山道で拝借し少し植えてみたので来年は増えるはず。きっと私たちが詳しくないだけで食べられる草がもっとたくさんあるはずです。




    ということでヨモギやからすのえんどう、ふきのとうは天ぷらに。粉もないので素揚げ。はい、十分おいしいです。ヨモギは食べ損ねて乾燥したものはお茶にしたらおいしかったみたい。

    以前「野草を食べる」という本を読んで、うきうきと読み進めていったのですが、結論としては

    (1)食べられる草より食べられない(食べてはいけない)草を覚える
    (2)(1)以外の草については新芽を摘んで、
    (3)だいたいは揚げればおいしく食べられる

    という結論に達しました。もちろん詳しければ詳しいほど、食べるだけではなくお薬としても使いこなせたりもするわけで、知っていたほうがいいに決まっているのですがとにかく(1)が大事なのは確かですよね。あと、少量なら薬効があっても大量だと危険なものもあったり。たとにかくまだまだビギナーな私たちは、今はまだ間違いないものを程々に、おすそ分けを頂く気持ちでちょうどよいようです。





    とはいえ、この時期だけの味覚。しかも採り放題ということでついつい夢中で取ってしまいます。のびるはゆっくりと土ごと掘れば玉ねぎのような根もついてきます。葉の部分を小ねぎの代わりに使うだけでも十分おいしいですが、せっかくなら根っこも食べたい!ゆっくり引き抜いて根がついてきたときはなんともうれしい気持ち。あと、実家が農家で玉ねぎ作ってたのでなんだか懐かしい気持ち。





    つくしは今からどんどん出てきそうです!









    自生のものばかりに頼ってもいられないと、ようやく畑もひと畝。前に借りていた畑に植えていたエンドウ豆が成長していたので植え替え。田畑はまだまだ余裕どころじゃない広さがあります。がっつり農家の先輩方に比べればおままごとのような畑仕事ですが、こちらもボチボチ、ツボを押さえてやっていけたらいいなと思います。





    夕食はのびるを丸ごと入れた雑炊。切ったほうが食べやすいのだけど、山の恵み、まるっとワイルドにいただきました。

    健太郎さんがのびる料理をお店で出そうと目論んでいるようです。私のような単純な焼く煮る揚げるな料理ではないプロの味になるんだろうな〜。そちらも楽しみです。




    (おまけ:たむ(犬)を探してね)

    ひなごはん。

    • 2015.03.04 Wednesday
    • 15:19
    3月2日の夜、帰りが遅くなったのもあり、帰るなり寝てしまった。
    翌朝冷蔵庫を開けたら、ひなまつりケーキが入っていて、
    一緒に食べようと買ってくれてたのかなぁと思うと、さっさと寝てしまったことが申し訳なくなって、
    今日こそは、と

    いうことでの
    3月3日。



    ひな祭りディナー。
     
     

    ハマグリのお吸い物は菜の花と手毬麩。
     
     

    お吸い物ときたらここはちらしずしが出るところでしょうが、お土産で買って作る機会を伺っていた瓦そばを!瓦はもちろんないので、オーブンでも使える器を温めて。ちゃんとパリッと焦げ目付き。惜しむらくはもみじおろしの予定が、大根おろしになっちゃったとこかな〜

     

    初瓦そばという健太郎さんもなかなかの反応。いつかほんとに瓦に乗ったのを食べようね。

     

    食後は一日越しのケーキと白いちご。春尽くしでした。

    この世の理。

    • 2015.02.09 Monday
    • 13:58


     
    お庭の梅が、咲きました、
     
    おはよう。はじめまして。あなたが一番乗りだよ。
     
    さて、ぼちぼち家のことにも手を付け始めました。
    住む前から気になっていた、湿気。
    家の裏手になる北側の斜面の水はけが悪く、そこに近い部屋の床なども緩んでしまっています。

    山から流れ込む水が流れてゆくはずの溝が、落ち葉と泥で完全に埋まってしまっていました。

    健太郎さんが途中まで掘り返してくれてたのを、お留守番中に見つけて、
    水が開通するとこを見たいがために
    勝手に続きを堀り堀り。(ひとりで泥だらけなので写真はありません)
     
    ふさがっていた穴に水が流れ込み、さらさら流れるようになりました。
    これが今まで流れず滞っていたのだから、そりゃ湿気るはずです。
    一番いいところをいない間にやってしまってゴメン(笑)
    またすぐたまるだろうから、気を付けないとね。
    これで少し改善するといいな。
     
    納屋にあった大荷物を選別して、持ってきた荷物を配置して。
    この配置が途方もなくかかりそうです。減らしたつもりでもまだまだ多い私の持ち物。
    更に選別してすっきりとさせられたらいいな。
     
    この街、世知原という地名の意味は、「開墾されて、人が住みつき、世間に知られるようになった土地」
    という意味だといわれているそうです。
     
    でも健太郎さんの中では「此処で世界のことを知ることができる、そんな場所」という意味だと考えているようです。
    私もそれでいいと思います。
    いろんなことをここで学んで、それを分かち合ったり、つないでゆけたら素敵だなと思っています。
     
    明日は、家に神主さんが来られます。
    毎年2月10日に来られるのだそうで、
    なんだか色々と準備が必要とのこと。
     
    またまた鯛を注文する健太郎さん…
    大変だー!
     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM